Home » トピックス » WindowsUpdateでパソコンが重くなる?(2015.11)

WindowsUpdateでパソコンが重くなる?(2015.11)

category : トピックス 2015.11.20 

今回は、前回の記事でも触れたWindowsUpdateに関する話です。

WindowsUpdateは初期設定で自動更新をする設定になっているので、
「自動更新に任せたまま特に意識していない」と言う人もいるかと思います。
自動更新を有効にするのはパソコンを安全に使う上で必要な事ですが、その為にパソコンの動作が重たくなってしまう場合もあるようです。

WindowsUpdateの自動更新が有効になっていると、
パソコンが起動中に更新プログラムの有無をチェックして、使用可能なものがあればダウンロードしてくれています。ここまでは全て自動で行われるのですが、ダウンロードした更新プログラムをインストールするのは『設定された時刻』になったらです。
この時刻、初期設定だと午前3時に設定されています。

update01
真夜中です。草木もとっくに眠ってますね。

設定した時刻にパソコンが起動していないと、自動更新の設定があってもインストールは出来ません。
その場合は、次にパソコンを起動した後にインストールされる事になります。
ですが見えない所でインストールが実行されるため、更新プログラムの大きさとパソコンのスペックによっては、動作が重くなる事があるのです。
更新プログラムによっては、インストールされるのが次にシャットダウンする直前なるものや、重要度が低く設定されていて自動でインストールされないものもあります。

update02
1つなら問題なくても、30個以上になっていることも...。

コントロールパネルからWindowsUpdateを起動して、設定時刻を変更したり、利用可能な更新プログラムを手動でインストールする事も出来ます。
時々は、ご自身でWindowsUpdateを確認してみると良いと思います。

Copyright(c) 2013 PAL-STOCK All Rights Reserved.