Home » トピックス » Internet Explorer は最新版になっていますか?(2015.12)

Internet Explorer は最新版になっていますか?(2015.12)

category : トピックス 2015.12.22 

12/15付けで、IPA『情報処理推進機構』から、
2016年1月12日(米国時間)に、Internet Explorerのサポート対象『各WindowsOSで利用可能な最新版のみ』に変更される為、Internet Explorerの最新版への移行を薦める発表がありました。

古いInternet Explorerはセキュリティ対策の更新が入らなくなり、来年の1月12日以降も最新版にせず使っていると、新しいウィルスに対して感染しやすいなどのリスクが高まってしまいます。

Internet Explorerのバージョンは、右上の歯車マークかヘルプから確認できます。(画像クリックで拡大画像を別ウィンドウに表示)
IEver1
右上に歯車マークがあれば、それをクリックしてバージョン情報

IEver2
歯車がなければ、ヘルプをクリック(ヘルプが見えない時はAltキーで表示)しバージョン情報

WindowsVistaはIE9、Windows7以降はIE11になっていれば大丈夫でしょう。
IE11
Internet Explorer10以降には『新しいバージョンを自動的にインストールする』と言う機能もついているので、チェックが入っていなければ入れておくと良いです。

WindowsServerで利用可能なInternet Explorerの情報や、最新版でない場合の対策については、こちらの【IPAからのお知らせ】にまとめられています。

先日、WindowsOSのサポート期間に関する記事を書きましたが、サポート期間に限りがあるのは、OSに限った話でも、Microsoft製品に限った事ではありません。
使い慣れているという理由で、最新版ではないソフトを使い続ける事もあると思いますが、ネットワークに接続するソフトは、更新情報に気を付けておくと良いと思います。

Copyright(c) 2013 PAL-STOCK All Rights Reserved.