Home » トピックス » ランサムウェアにご注意を(2017.05)

ランサムウェアにご注意を(2017.05)

category : トピックス 2017.5.8 

昨年から、ランサムウェアと呼ばれる類のウィルスが増加傾向にあるようです。

ランサムウェアとは『身代金要求型不正プログラム』とも呼ばれています。
感染すると、パソコン内のファイルを書き換えて、勝手に暗号化をかけられてしまい、ファイルが開けなくなると言う状態になります。
それも、1つや2つではなく、多くの場合、大半のファイルがやられてしまいます。
または、パソコンがシステムごとロックされて使えなくなる、と言う状態になる事もあるようです。
その上で、元に戻すためには特定のサイトにアクセスして暗号化解除プログラムを購入するように促す文章が画面に表示されます。

とはいえ、これでお金を払っても元に戻る保証は全くありません。
お金だけ取られた挙句、個人情報も・・・・・・なんて可能性もありますので、
絶対にお金を払わないようにしましょう。

ランサムウェアの感染源に多いのが、メールの添付ファイルのようです。
仕事や荷物の話を装ったようなメールの添付ファイルを開いてしまい・・・・・・と言うケース。

(以前、弊社に届いた一例です。ビジネスっぽい文面ですが、削除しました)

WindowsUpdate、セキュリティソフトを更新し、
最新にしておく事で、被害に合うリスクは軽減されますが、
それですべて安全だとはなりません。
メール送信者のアドレス、文面をよく見て、(特に本文は簡素だったりします)
添付ファイルがあるからと、容易に開かないように、
使用者自身の目で気を付けるのが一番です。

ランサムウェアに限らず、コンピューターウィルスは、
感染してしまうと確実に直せると言うものではありません。
パルストックでも何件か感染した状態を見てきましたが、初期化するしかないケースばかりでした。
しかも感染してからでは、ファイルのバックアップを取る事も出来ません。
万が一感染してしまっても困らない為に、
定期的にデータをバックアップし、リカバリディスクや回復ドライブを作っておきましょう。

リカバリディスク、回復ドライブ作成依頼も受け付けております。
(どちらもオプションですが、初期化よりお得になっています)

個人のお客様

―回復ドライブ作成サービス

Copyright(c) 2013 PAL-STOCK All Rights Reserved.