Home » パソコントラブル » いざと言う時の為にバックアップを(2015.12)

いざと言う時の為にバックアップを(2015.12)

category : パソコントラブル 2015.12.7 

最近、新たに悪質なウィルスが出回っているというニュースが広まっています。

感染するとファイルの拡張子が「.vvv」に変えられてしまう事から『VVVウィルス』と呼ばれています。
ランサムウェアと言う、感染したパソコンのファイルを暗号化して開けなくしてしまう。マルウェアの新種のようです。
中には、暗号化の解除に金を要求してくるタイプもある様ですが、お金を払っても元通りにしてくれる保証はありません。そのような表示が出ても、絶対にお金を払わないようにしましょう

『VVVウィルス』の感染源については、まだ確定情報は出ていないようです。
ただ、感染のリスクを抑える対策として多く紹介されているのが、自分のパソコンに入っているソフトのバージョンを確認し最新版にする、と言うものです。
こちらのMyJVNバージョンチェッカ for .NETと言うソフトで、確認することが出来ます。
(手順についても、リンク先をご確認下さい)
ソフトを最新版にしておくというのは、今回のウィルスに限らず他のウィルスの対策にもなり得るので、これを機に確認して損はないです。
また、WindowsUpdateも自動更新に任せず、たまに確認しておくと良いと思います。(参考

今回、出回っている『VVVウィルス』の場合、接続していた外付けHDDの中身や、Windowsの復元ファイルまで書き換えられて、復元も簡単にできなくなってしまうという例もあるようです。

パソコンによっては、出荷状態に戻すためのリカバリディスクはユーザー自身で作るタイプもあります。
リカバリディスクが付属していなかった場合は、いざと言う時に備えてリカバリディスクを作っておいた方が良いでしょう。
データのバックアップも、いざとなってからでは遅いかもしれません。
消えたら困るというデータは、普段、パソコンに繋いでいない外付けHDDなどに定期的にバックアップしておくと良いでしょう。

ご不安な場合は、ITサポート協会にご相談ください。
1時間 4,320円 ご自宅まで出張致します。
(※東京都府中市と調布市の一部以外は別途出張料が掛かります)
tel_201511

Copyright(c) 2013 PAL-STOCK All Rights Reserved.